【京田辺市】東京2020パラリンピック、男子マラソンで銅メダルを獲得した堀越信司選手に京都府が『スポーツ特別栄誉賞』を贈りました!

2021年10月7日、東京2020パラリンピックの男子マラソン、視覚障害者のクラスで銅メダルを獲得した堀越信司選手に京都府が『スポーツ特別栄誉賞』を贈りました。

写真はイメージです。

堀越信司選手は2011年から約7年、陸上部の寮がある京田辺市を拠点にトレーニングを重ねてきたそうです。

堀越信司選手のプロフィール

1988年7月19日生まれの33歳。学生時代に初出場した北京パラリンピックではトラック2種目に出場するも予選敗退。NTT西日本入社後のロンドンパラリンピックでは5,000mで5位。リオデジャネイロパラオリンピックからマラソンに転向し、4位。今回悲願の銅メダルを獲得しました!

ちなみに「信司」は、「シンジ」ではなく「タダシ」と読みますよ。知っておいてくださいね!

2021年10月7日、京都府の西脇知事から堀越信司選手に、『スポーツ特別栄誉賞』の賞状とブロンズ像が手渡されました。2016年のリオデジャネイロパラオリンピックでは京都府から『優秀賞』を受けていて、今回2回目となりました。

堀越信司選手は「京都府のみなさんに応援してもらって、メダルを持って、報告をしに来ることができたのはよかった。」と記者の方々等に話されていたそうです。また、3年後のパリパラリンピックでの金メダルを目標に、代表選手を選考するレースなどに参加するということです。

写真はイメージです。

3年後のパリパラリンピックでは表彰台の一番高い場所で笑顔を見せる堀越信司選手が見たいですね!頑張ってください!

京都府庁はこのあたり

2021/10/11 17:00 2021/10/11 17:00
それいゆさん
ジモネタ京田辺
号外NET他の地域

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集